太陽光発電(pv)設備の開発

再生可能エネルギーは良好な法整備、税金優遇等のインセンティブのため、投資家に多大なリターンをもたらします。しかし、開発できる用地が限られていることと申請手続きの複雑性のためにプロジェクト遂行に多大な努力を要します。 

CEP Solarは、予備調査、授権手順、業務と技術のデューディリジェンス、融資、EPCプロジェクト管理とプロジェクト監督を通して、全体の開発チェーンを貫くことができます。 

事業内容:  

未開発地域の投資と買収: 投資家が確認する潜在機会に対して初めに技術、経済性の評価を行い、以下の決定をサポートします

  •   開発計画
  •   投資
  •   税金優遇とインセンティブの分析
  •   銀行標準のプロジェクト必要条件
  •   株主の潜在収益

未開発地域: 

  • 推定発電量の技術的評価
  • 発電計量者の監督
  • 第三者による発電計量

詳細調査(デューディリジェンス): 

ビジネス詳細調査:

  •  経済、財務の目標分析
  • 授権状態の監督と法律分析
  • 事業計画
  • 交渉戦略のサポート

技術のデューディリジェンス:

  • 製品データ分析
  • 技術的パフォーマンスと設備信頼性の評価

授権プロセス:

  • 用地条件と、地方条例に応じた授権計画
  • ガントチャート作成
  • 授権プロセスを開始するための設備レイアウト作成
  • 地方自治体との関係管理

融資:

  • 業界基準と事業計画に応じた書類準備
  • 投資家により準備されたビジネスモデルの審査
  • 金融機関の予備調査
  •  貸付機関選定のサポート
  •  関連政府/地方自治体の補助金利用検討

 

EPC管理:

プロジェクトマネジメント(仕入先の選定、労働監督、結果管理):

プロジェクトの計画

  •  設備仕入先の選定
  •  契約交渉
  • 建築許可
  • 仕入先関係の管理
  • 施工管理
  • 送電網接続
  • EPC 監督

 

プロジェクト監督:

  • 作業進捗報告
  • 進捗管理
  •  コスト管理